【泊村】鰊御殿とまり(No.079)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第七十九回目は「泊(とまり)村鰊御殿とまり」です。


 この「鰊御殿」とは、鰊でしこたま儲けた漁師さんのお家です。それが御殿の様に立派なので鰊御殿(鰊番屋とも)と呼ばれています。北海道は鰊が豊漁だった時期があり、特に北海道の日本海側には鰊御殿や鰊番屋が幾つもあります。少なくとも10ヶ所以上は現存していますので、それらもその内ご案内したいなーとは思います。

施設情報

施設名:【泊村】鰊御殿とまり
場所:〒045-0203 北海道古宇郡泊村59-1
URL:https://www.vill.tomari.hokkaido.jp/kankou/spot/5343.html
休館日:月曜日(冬期は閉館)
開館時間:9:30~16:30
料金:300円
必要見学時間:50分
駐車場:あるけどちょっとだけ離れています(下記を参照の事)

施設概略

  • 本施設は「旧川村家番屋」で、1F・2F共に鰊漁に関連した展示がされています。
  • 本施設と渡り廊下で繋がれている「旧武井邸客殿」も見学出来ます。
  • 「旧武井邸客殿」と接続されている石倉も見学が可能で、内部は資料が展示されています。

 駐車場はちょっと離れた場所にあります。地図では遠回りになっていますが、細い道が通れますのでそっちの方が近いです。あと、国道から駐車場に入る道も判り難いので注意が必要です。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five + twelve =