【当麻町】当麻世界の昆虫館「パピヨンシャトー」(No.119)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百十九回目は「当麻(とうま)町当麻世界の昆虫館「パピヨンシャトー」」です。
 当然の事ながら昆虫館なので犬のパピヨンではなく蝶のパピヨンですから虫しかおりません。虫が苦手な方は最寄りの当麻町郷土資料館「ここから」の1Fでお茶をするか、当麻町当麻鐘乳洞でひんやりするかどうぞ。

施設情報

施設名:当麻町当麻世界の昆虫館「パピヨンシャトー」
場所:〒078-1300 北海道上川郡当麻町市街6区
URL:http://papiyonsyatoo.com/
休館日:10月末~4月末(開館期間中は無休)
開館時間:9:00~17:00
料金:600円
必要見学時間:40分
観覧年:2020年
撮影枚数:258枚

施設概略

 施設名が「パピヨン」なので蝶がメインですが、他にもカブトムシとかクワガタとかも標本展示されています。又、標本展示室に隣接している建物は生体展示室となっており、当たり前なんですけど生きた昆虫が住んでいます。
  • 1Fには世界の昆虫が展示されています。
  • 2Fには世界の昆虫が展示されています。
  • 売店とかギャラリーもあります。

 本施設は「くるみなの森」と呼ばれる地域内にあり、この森にはアスレチック施設とかキャンプ場とか遊歩道とか展望台とかあります。又、この森の近くにも大きい公園があり、パークゴルフ場とか北海道とかあります。いや本当に北海道があるんですって。何を言っているのかわからねーと思うが(略)。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen − 1 =