【浦河町】町立郷土博物館(No.99-1)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第九十九回目の一回目は「浦河(うらかわ)町町立郷土博物館」です。尚、第九十九回目の二回目は同じ敷地内にある浦河町馬事資料館です。

 本施設は元々は浦河東小学校だったそうで、元々の博物館は車で20分程の場所にあった旧赤心(せきしん)社事務所を使用していたとの事です。この旧事務所は現在では浦河町赤心社記念館になっており、こちらはこちらで予約すれば普通に観覧が可能です。

施設情報

施設名:浦河町町立郷土博物館
場所:〒057-0002 北海道浦河郡浦河町西幌別273−1
URL:https://www.town.urakawa.hokkaido.jp/gyosei/culture/?category=100
休館日:月曜日・祝祭日
開館時間:9:00~16:30
料金:無料
必要見学時間:40分
観覧年:2020年

施設概略

 浦河町は縄文時代から人が住んでおり、その後もアイヌ民族が住み続けて開拓期を迎えたので満遍なく展示がされています。尚、主要産業の一つである馬に関しては、隣の馬事資料館の方に移動されたみたいです。
  • 大きく5つのブロックに分かれており、地理から歴史、現代に至るまでが順番に展示されています(案内図とは展示内容の一部が異なっています)。
  • 隣の浦河町馬事資料館もそのまま見学可です(職員さんは常駐していないので博物館の職員さんまでお声掛け下さい)。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

18 + 11 =