【神恵内村】郷土資料館(No.105)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百五回目は「神恵内(かもえない)村郷土資料館」です。
 道民は普通に「かもえない」とか呼びますけど、北海道の地名はアイヌ語由来が多いので漢字にしようと思うと当て字になり、初見では読めませんよね。尚、地名の由来は「カムイ(神)」「ナイ(沢)」との事でした。本施設から車で15分ほど離れた場所には神恵内村日本郷土玩具館童心館もありますので、是非セットでどうぞ。

施設情報

施設名:神恵内村郷土資料館
場所:〒045-0301 北海道神恵内村大字神恵内村字ブエダウス272-2
URL:https://www.vill.kamoenai.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000481.html
休館日:9月中旬~4月末(開館期間中は無休)
開館時間:10:00~16:00
料金:600円
必要見学時間:50分
観覧年:2022年
撮影枚数:231枚

施設概略

 本施設はキャンプが出来る神恵内村青少年旅行村内にあり、旅行村の受付の方にお声を掛けると開館して貰えます(駐車場は受付棟の駐車場を利用との事)。尚、旅行村を利用する方は無料なんですって(旅行村の利用に600円が必要)。
  • 神恵内村の地理・歴史・産業等が展示されています。
  • 場所が場所なだけに観覧される方は少ないかも知れませんがかなり充実しています。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × 3 =