【仁木町】郷土資料館(No.124)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百二十四回目は「仁木(にき)町郷土資料館」です。本施設は仁木町山村開発センター内にあり、ここは町民体育館の様で隣には役場があり向かい側には小学校があります。
 仁木町と言えばリンゴやブドウ、サクランボ等のフルーツで有名なんですが、ここ仁木町から小樽に抜ける道路を「フルーツ街道」と呼び、街道沿いには果物屋さんが多々あります。又、果物狩りが出来る農園もありますので、季節になると混雑しているイメージがあります。

施設情報

施設名:仁木町郷土資料館
場所:〒048-2406 北海道余市郡仁木町西町1丁目52−2
URL:https://www.town.niki.hokkaido.jp/section/kyoikuiinkai/irv9760000000nnj.html
休館日:月曜日
開館時間:9:00~22:00
料金:無料
必要見学時間:30分
観覧年:2022年
撮影枚数:90枚

施設概略

 通常は施錠されておりますが、職員さんにお声掛けすると開錠して観覧が可能となります。
  • 仁木町の歴史や産業について展示・解説されています。
  • 仁木町出身であるスキージャンプ競技者の笠谷氏の功績について展示されています。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 − two =