【北広島市】防災センター(No.115)【概要のみ】

※このページは約3分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百十五回目は「北広島市防災センター」です。本施設は一級河川である石狩川の支流の千歳川の畔にある、水防を含めた防災全般の啓蒙施設です。平時は啓蒙施設だったり資材を備蓄しておりますが、災害時には防災拠点に早変わりします。

 ここだけの話なんですが、本日は中の人の47回目の誕生日なんですよ。お陰様で無事に26歳になりました。有難うございます有難うございます。

施設情報

施設名:北広島市防災センター
場所:〒061-1112 北海道北広島市共栄586
URL:https://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00007850.html
休館日:月曜日
開館時間:9:00~17:00
料金:無料
必要見学時間:40分
観覧年:2022年
撮影枚数:94枚

施設概略

 別に観覧時に閉館していた訳ではなく、ドアを閉めたら表示される様になっているだけです。
 余談ですが、北広島市内に防災食育センターと呼ばれるネーミングが今一つの施設が建設中です。食についての防災なのかと思いましたが、災害時には防災センターとして、平常時には近隣小学校への給食センターになるとの事でした。それだったら「防災・給食センター」とした方が解り易いかと。何でも、平常時では食育展示見学ホールも予定しているそうですので、一般人でも見学出来るのかも知れませんね。市民に限り有料で構いませんので給食も頂けると嬉しいかも。あと、個人的に「食育」とは、動物を育てて屠殺・調理して命を頂くまでと考えています。PTSDになろうが「人を含む動物が生きると言う事は残酷な事」だと学ばせる必要があると思います。そうすればアレルギーは別としても好き嫌いとか言わずに有難く頂戴する訳ですし、そもそも「(命を)頂きます」の意味を理解出来るのではないかと。甘やかすとロクな大人になりませんよ。
  • 1Fはロビー展示として過去の洪水被害について解説されています。
  • 2Fは主に災害時に役立つ防災グッズが展示されています。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × two =