【芦別市】滝里ダム防災施設(No.114)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百十四回目は「芦別(あしべつ)市滝里ダム防災施設」です。
 本施設のある滝里地区は元々は人々が生活しておりましたが、治水や利水の為にダムが必要となった事からここら辺一帯を水没させて人造湖である滝里湖を作ったそうです。その為、防災施設ではありますが滝里町の歴史等も展示されており、元々は滝里ダム資料館なので防災についてはそこまで深く解説されてはおりません。

施設情報

施設名:芦別市滝里ダム防災施設
場所:〒075-0000 北海道芦別市滝里町
URL:https://www.hkd.mlit.go.jp/sp/sorati_kasen/kluhh4000000ikuw.html
休館日:11月中旬~4月末(5月~11月中旬は無休)
開館時間:9:00~16:30
料金:無料
必要見学時間:40分
観覧年:2021年
撮影枚数:128枚

施設概略

 本施設の目の前がオートキャンプ場になっており、滝里湖が一望出来るレイクビューになっています。尚、本施設と滝里ダムの管理所は離れており、ダム側には滝里ダム公園がありますがそこは俺達の松浦武四郎が宿営した場所でもあります。尚、本施設は4Fから下る順路になっています。階段もありますがエレベーターの方が体に優しいです。
  • 1Fはオートキャンプ場の受付があり、場合によっては企画展示もあります。
  • 4Fは滝里ダムについてやギャラリー、テラスがあります。
  • 3Fは滝里町の歴史が展示されています。
  • 2Fは滝里ダムの周辺ガイドがあります。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

seventeen + fourteen =