【帯広市】十勝川インフォメーションセンター(No.116)【概要のみ】

※このページは約3分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百十六回目は「帯広市十勝川インフォメーションセンター」です。

 新年早々に甚大な被害に見舞われ亡くなられた方々へお悔やみ申し上げると共に、被災している方々へお見舞い申し上げます。救助活動されている方々も懸命に頑張られておりますので、ここは何とか踏ん張って頂き早期に平穏な日々に戻られる事をお祈りします。

令和6年能登半島地震に係る災害義援金の受付について(石川県公式)


 さて、本年一発目は川の大切を知って貰う為の施設となっており、何があったのかは不明ですが暫く休館中だったんですけど気付いたら再公開されていました。若しかしたらリニューアルされているかも知れませんね。

施設情報

施設名:帯広市十勝川インフォメーションセンター
場所:〒080-0030 北海道帯広市大通北2丁目
URL:https://www.hkd.mlit.go.jp/ob/tisui/tisuijigyou/aquacosmos/ctll1r000000559n.html
休館日:月曜日
開館時間:9:00~17:00(冬期間はバラつきあり)
料金:無料
必要見学時間:40分
観覧年:2020年
撮影枚数:94枚

施設概略

 本施設は一級河川の十勝川の畔にあり、ちょっと駐車場に入り難いのでご注意を。建物はお洒落な洋館みたいになっており、看板が無いと喫茶店みたいに見えます。しかし木々が生い茂っている為、国道からは殆ど見えません。下流側には池田町十勝川資料館がありますので併せてどうぞ。
  • 1Fは巨大ジオラマによる、自然と共存しながら治水・利水を行うAGS(アクア・グリーン・ストラテジー)について展示されています。
  • 2Fは十勝川の資料が展示されています。
  • 3Fは展望塔になっており十勝川を一望出来ます。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =