【共和町】北海道原子力環境センター・広報展示室(No.123)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百二十三回目は「共和町北海道原子力環境センター・広報展示室」です。行くぞ!1・2・3・ダー!
 紛らわしいのですが、本施設は北海道が管理・運営を行う施設でして、すぐ近くには北海道電力が管理・運営を行う共和町原子力PRセンター「とまりん館」があります。いずれも原子力に関する広報施設ですが、どちらかと言うと本施設は基本的に泊発電所の放射能の監視や調査、各種実験の為の施設であって大々的なPRを目的としている訳では無さそうではありますが、どちらも楽しみながら学べる施設です。

施設情報

施設名:共和町北海道原子力環境センター・広報展示室
場所:〒045-0123 北海道岩内郡共和町宮丘261−1
URL:https://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gkc/
休館日:年末年始のみ
開館時間:10:00~16:00
料金:無料
必要見学時間:40分
観覧年:2020年
撮影枚数:97枚

施設概略

 見学には手続きが必要となりますが、特に面倒くさい内容では無かった記憶があります。そりゃ頭のおかしい奴だったら面倒でしょうから、そう言った意味を含めての手続きです。観覧後、特に何も言って来ないところを見ると中の人はギリギリセーフだったみたいです。
  • 1Fホールには来館記念として絵葉書を作れるマシーンがあります。
  • 2Fでは原子力発電の仕組みや業務の案内、軽い図書室があります。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 − fourteen =