【室蘭市】白鳥大橋記念館(No.121)【概要のみ】

※このページは約2分で読めるかも知れません。

 色々と更新のペースが遅くなっている為、施設の情報とか施設の概要のみご案内している場合があります。詳しくはお知らせをご覧下さい。

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第百二十一回目は「室蘭市白鳥(はくちょう)大橋記念館」です。
 本施設は道の駅「カナスチールみたら室蘭」内にありますので、休憩がてらどうぞ。昔は「みたら室蘭」だけだったのですが、気が付いたらネーミングライツしてました。

施設情報

施設名:室蘭市白鳥大橋記念館
場所:〒051-0036 北海道室蘭市祝津町4丁目16−15
URL:http://www.iburi.net/mitara/museum.html
休館日:4月~10月は無休(11月~3月は木曜日)
開館時間:9:30~19:00(冬期は17:00まで)
料金:無料
必要見学時間:30分
観覧年:2022年
撮影枚数:123枚

施設概略

 室蘭市の南側の先端(?)部分はフックみたいな湾状の半島になっており、本施設は主に市街地側の祝津町と反対側にある陣屋町とを結ぶ東日本では最大の連絡橋で、その橋の姿から白鳥と名付けられた訳ではなくここにある室蘭港が別名で白鳥湾と呼ばれていたからです。
 あと、室蘭の祝津は「しゅくづ」で小樽の祝津は「しゅくつ」です。微妙に異なりますので待ち合わせ時にはご注意を。
  • 橋の経緯や概要、工法等がジオラマ等で解説されています。
  • 道の駅なので休憩が出来ますが、食堂もありまして鶏肉を使わない室蘭焼き鳥が食べられます。焼き鳥とは。

次回のお知らせ

 次回はこちらをご案内致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 + ten =